履歴書の提出は会社及び派遣会社に勤務する事から義務付けられていますが職務経歴書の提出も求められます。

派遣会社の登録で必要とされること

Navigation
派遣会社の登録で必要とされること
派遣会社の登録で必要とされること

履歴書の提出は派遣会社でも同じです

派遣も業種や職種により企業が仕事の人材を募集していますので、転職の企業の人材募集とは変わりはありません。異なることは企業が直接に人材を募集していない事で派遣会社に派遣先の企業と派遣元の労働者が登録することで仕事に就けるという仲介業務を派遣会社は行っています。労働条件は労働法内で実施されますので企業の直接募集とは待遇などは異なりますが違法でない事です。企業が行っている待遇などは昇給や福利施設の利用などができますが派遣先の企業での派遣社員は企業の社員でない事になりますので下請け労働者の類に入りますので社員待遇外になる事です。しかし仕事を請け負っていますので時間内の労働は派遣先の企業の社員と変わりはない事です。そのような労働形態を選択しているのは個人ですので問題はないという事になります。テレビのニュースで企業の社員並みに待遇を求めている人が少なくないですが企業にすれば賃金を派遣会社に支払っていますので何のことか意味が不明になります。そういう条件で働くことを了承した人が意味不明の事で企業を中傷する事は理解しかねるという事になります。企業は労働組合と話し合いをする事がありますが組合を代表した人が企業と談判できるようになっています。

ところで履歴書の事ですが会社は雇用の条件として履歴書の提出を求めますが、これまでの職業の経歴や経験年数を確認する必要がありますので派遣会社でも同じように履歴書の提出は必要です。その中で職務経歴書を別紙に詳細に書かなければ採用の条件になりません。詳細に書くことで経験を生かした職場に派遣されることになっています。以前は派遣期間が1年でありましたが現代では最長3年間の勤務が出来るようになっていますが個人の経験により3年以下になる事もあります。そのような事から一律ではない事を自覚している事が大事です。簡単な仕事の就き方にアルバイトがありますがアルバイトの場合は企業が直接、雇っていますので労働力としてカウントされます。

関連サイト